読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネは身体の一部です

社畜が猫とかスマフォとかダイエットとか書いたり書かなかったり。

スポンサーリンク

グラビティデイズ2終わりました。そしてニーアオートマタを始めて終わらせました。

スポンサーリンク

いいゲームでした。両方とも。

 

グラビティデイズ2はセットのアニメと本編を通して、1と2の間に何が起こったのか、主人公はそもそも何者で、どうして最初の街ヘキサヴィルに降り立ったのかなどが示され、1をクリアした時の結局お前は一体何者なんだというモヤモヤにしっかり応えてくれました。シドー!!

ていうか、2をプレイする前にアニメの方を見ておくべきでした。先に本編を始めたせいで、なんで主人公たちはこんなところにいるんだ???という疑問がずっと頭にあったままプレイしていたのですが、ちゃんとアニメが説明してた。ノワ=ハイラレオンて何の話だよ!と思う人はアニメを見ましょう。

ゲーム自体も「チューン」という新しい要素が加わってとても楽しいです。ざっくり言うとタイプチェンジみたいなもので、主人公の扱う重力が変化して動きから使える技まで変化するのですが、これが2タイプ登場しました。個人的には体が軽くなってふわふわするルーナチューンがお気に入り。あれでひたすらいろいろなところ飛び回っていました。

ストーリーとしてはもうこれで完結のような気もしますが、続きがあるのならばちょっと見てみたいです。あのエンディング的に。

 

ニーアオートマタはTwitterの方でひたすら主人公のお尻画像が流れてきたことと、前作を知らなくても楽しめるらしいという話を聞いて購入を決意しました。

買ってわかったんですが、このゲームの中でお尻は癒しであり清涼剤です。ストーリーがどんどん重くなっていくので、お尻でバランス取るぐらいでちょうどいいと思います。癒し。

そんな戯言はさておき、ニーアオートマタは美しいゲームなんです。映像も音楽も美しい。廃墟となった世界を舞台にしているのですが、どの場所でも画面が絵になる。そしてBGMが気持ちを高めてくれる。廃墟が好きなら買って損しないゲームだと断言できます。それと、こんなにスタッフロールがクソ手強いゲームも人生初でした。なんなんだあれは。

 

ところでニーアオートマタは制作にプラチナゲームズが関わっているそうで、操作感なんかはどことなくベヨネッタを思い起こさせてくれます。ああ、ベヨネッタ(無印)のバカっぽいシリアスさが恋しい。

 

 

GRAVITY DAZE 2 初回限定版 - PS4

GRAVITY DAZE 2 初回限定版 - PS4

 

 

 

ニーア オートマタ - PS4

ニーア オートマタ - PS4

 

 

 

 ニーアオートマタのサントラですが、これ絶対買いだと思うんですよね。予約したので正座して発売を待機しています。