読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネは身体の一部です

社畜が猫とかスマフォとかダイエットとか書いたり書かなかったり。

スポンサーリンク

アートアクアリウム@日本橋

スポンサーリンク

前々から行きたい行きたいと思っていたアートアクアリウム、東京での開催が9月23日までとのことだったため、滑り込みながらも先日行ってきました。

 

Art Aquarium | アートアクアリウム | 金魚の美を愛でる全く新しく涼しいアートアクアリウム空間

 

前評判通り、人が多いです。それも、単に人が多いのではなく、カップルが。

行ったのは先週日曜日の18時頃だが、体感9割9分ぐらいはカップルです。お独り様なんて全くいなかったんじゃないだろうか。

 

さて、このアートアクアリウム、上記公式HPを見てもらえば分かる通り、金魚を主体として和の表現をテーマとしています。

入場してすぐに現れる、ぼんぼり状の水槽とライトアップの組み合わせなんかもなかなか洒落おり、屏風をイメージした水槽とプロジェクションマッピングも、まさに和をテーマとしたアートだと言えます。

 

しかし。

とにかく人が多い。

 

金魚が主体だけあって、基本的にそれぞれの水槽はだいぶ小さめです。そのため、人が多いと水槽に近寄ることが困難で、じっくり鑑賞とまではいきません。

それと、これは行った時間帯のせいもあったかもしれないですが、水槽や会場のライトアップに青系統が頻繁に使われるため、金魚そのものの色がよくわからなかったりします。

 

まあ、19時からはお酒片手に鑑賞可能で、DJイベント等も行われるため、金魚そのものを鑑賞するというよりは、金魚と会場の雰囲気全てを含めて楽しむのが正解なのかもしれないです。それを前提に行けば、かなり楽しめるんじゃないでしょうか。

 

ここまでなんとなく文句ばかり書いてしまいましたが、これまで知らなかった種類の金魚も多数展示されており、それぞれの水槽にもきちんと名前が表示されていた。金魚もとても美しかったです。

 

最後に、本展示における個人的にお気に入りのエリアの写真で終わりとします。

 

 

f:id:yama_roid:20140914184921j:plain

 <金魚品評>土佐錦