読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メガネは身体の一部です

社畜が猫とかスマフォとかダイエットとか書いたり書かなかったり。

スポンサーリンク

私の中の京都といえば森見登美彦であり万城目学である

スポンサーリンク

トピック「祇園祭」について

 

今年も祇園祭の時期がやってきた。

祇園祭には一度も行ったことがなく、就職してから約3年半、夏休みを利用して一度は行きたいと思っていたものの、結局今年も行きそびれてしまった。

 

 

私の中で京都といえば森見登美彦であり万城目学である。ただし、万城目学氏の作品については鴨川ホルモーとホルモー六景しか読んだことがない。

森見登美彦氏の作品は割と京都が舞台となっており、それぞれに京都の祭りが描かれていることが多い。祇園祭については、氏の宵山万華鏡で描かれているが、これが実に賑やかかつ幻想的なのである。

現実と幻想が紙一重に感じられる世界観が、宵山万華鏡でも存分に発揮されており、もうこれにイチコロだった。

 

来年こそは、そう思い続けて3年半、いっそ今から来年の予約をしておこうか。